トップページ > 福岡の古本買取

福岡の古本買取

古本は基本的に「買い手が見つからない」ということがありません。得に福岡のような都市部であれば、数多くの古本屋が軒を連ねていますから、ほぼ確実に買い手を見つけることができます。ただし、本の状態があまりにも悪い場合、古本買取の対象外となるケースもあります。多少の折れや曲がりは問題ありませんが、読書に支障をきたすレベルだと、買取を断られるケースもあります。

忘れがちなのが臭いの問題です。タバコの臭いは染み付きやすいので、喫煙の習慣がある方はご注意ください。古本買取の際、臭いが査定の対象になるケースもあります。読みづらいからと、本の購入後にカバーを外す方がいます。この場合、変色が問題になります。カバーを外すとどうしても変色しやすくなるため、古本買取の査定に響きます。変色があまりにきついものは買取ってもらえない可能性もあります。カバーが無い(紛失してしまった)本に関しては、買取ってもらえない店もあります。

書き込みなどもマイナスの対象になります。数十ページに渡って書き込みがあるような本は、やはり買取を断られる可能性が高いようです。作家のサインなどは希少価値が認められるのが普通ですが、残念ながらマイナーな作家のサインは「落書き」扱いされる例もあるようです。

状態の悪い本であっても、数十年以上前に刊行されたようなレアな古本に関しては、高価買取が行われる場合もあります。経年による劣化は査定によってマイナス評価となりますが、売れる場合も多いので、捨てる前にぜひ買取に出してみましょう。

受験が終わった人必見!!→ 参考書買取のサイトです。